• 悩み多きわれら、親鸞の教えに「自身」を聞かん

bunryu 投稿一覧

法蔵菩薩はわれらの更に下におられる

■しばらく前のことになるが、ある方から葉書のお便りをいただいた。   「王舎城の悲劇の原因となる発言をしてしまったお釈迦様が、お聖人様にと  っては凡夫の一人というお話に驚かされました」このような文面だった。この経緯につ ...

続きを読む

一人ひとりに法蔵菩薩がついておられる

奥さんを亡くされたOさんの悲しみ ■2020年1月2日。この日から、一軒々々正月のお参りを始める。昨年の盆過ぎに奥さんを亡くされたOさん宅にもお参りした。奥さんのN子さんは、66歳だった。亡くなられるまでの二十数年間とい ...

続きを読む

この人生は私が欲したものだ

生きることはつらいな ■今日は傾聴電話の当番日。夕刻、大分市へ向けて車で出発。国道210号線に出た辺りで思った。私は四か月後に古稀を迎える。この歳になって、今さらのように、生きることはつらいなと感じることが多い。傾聴の電 ...

続きを読む

「どのように生きていったらよいのでしょうか」

  「どのように生きていったらよいのでしょうか」  ◆師の大石法夫先生は、昭和18年12月、京都大学を繰り上げ卒業となり、海軍に入隊された。入隊後、水中特攻兵器「回天」の搭乗員となり、山口県の光基地で、出撃に備えての訓練 ...

続きを読む

法蔵菩薩は永遠の青年

問いというのは私より大きい ◆大分市のMさんを久しぶりに訪ねた。Mさんは、次々と色んな問いを出してくださるので、私の精神も活性化されるような気がする。  「Mさんとお話ししていると、こんこんと湧き出る清水のように次々と問 ...

続きを読む