• 悩み多きわれら、親鸞の教えに「自身」を聞かん

11月 大石法夫先生書信輪読会(終了しました)

期 日  2021年11月14日(日曜日) 
時 間  13時~17時
内 容   (1)歌「光あり」斉唱
(2) 輪 読…大石法夫先生著『許されて生きる』(樹心社)46頁~65
      頁「 ブラジルの法話会」を輪読します。本をお持 ちでない方
      には、当日コピ-をお渡しいたします。 
(3) 感 話…輪読後の感想やその他、今思っていること、問題になっ 
      ていること、近況報告等々について、一人一人自由に お話しして 
      いただきます。
(4) 発題(住職)
(5) 自由座談
 
 ※どなたでもご自由にご参加いただけます。

●「車中で藤解先生がおっしゃいます。『大石さん。この道(仏道)は、飯を食うより好きにならんとやっていけない。わしは信心さえ得られたら、一生、下駄直しをして暮らしても、本望と思っていたよ』」 

●「『ブラジルに行くのは観光ではありません。人に会いに行くのです。人である以上、日本人もブラジルの人も、同じことで悩んでいるのです。同じものを求めているのです。その人の心に会いにいくのです』。私はそう発言しました」   

                                        (『許されて生きる』 より)